三和軽合金製作所の沿革

昭和21年4月大阪市都島区にて、三宅弥太郎がアルミ鋳造業の個人会社を設立
昭和51年10月摂津市鳥飼に金型部門の新工場を設立
昭和55年10月株式会社 三和軽合金製作所として改組
平成2年6月全自動金型鋳造ラインを新設
平成3年10月摂津第二工場を新設
平成4年4月三宅陳司が代表取締役社長に就任
平成6年8月有機自硬性ラインを導入
10月自動給湯ロボットを導入
平成13年9月精密鋳造設備を増設、摂津工場を拡張
平成14年4月総務、経理、営業部門を摂津工場に移転
平成17年6月三宅正恒が代表取締役社長に就任
平成23年3月摂津工場拡張 全部門(都島・豊中工場)を統合

 

会社案内に戻る