三和軽合金製作所の強みとは

1.アルミ鋳造75年以上 確かな技術と永年の実績

昭和21年4月創業依頼、アルミ合金鋳造を社業の根幹とし、多くの得意先様の信頼と実績を得て今日までの発展を遂げてきました。

どんな困難なご依頼にも、「形あるものは、なんでも形にする」精神で日々取り組んでいます。

今後も培った技術を社員全員の創意工夫と自己研鑽を通じて発展させ、さらなる顧客満足の向上を目指します。

会社外観

 

 

 

 

2.アルミダイカスト・鋳物製品の開発から試作まで一貫管理

アイデア段階のもの、企画段階のもの。まだそれらが形になっていなくても、私どもは、その時点から参画させていただくことが大切だと考えています。鋳造品は、各種の製品の重要なパーツになります。あらゆる鋳造品に取り組んできたノウハウで、開発段階から対応いたします。

『スピーディーで低コストな試作品製作』

基本になる試作品を、木型、フルモールド、ロストワックスとあらゆる方法を用いて、スピーディーに、正確に、しかも低コストで製作します。お客様との確実なパートナーシップのもと、量産体制への移行もスムーズに行います。

『永年の実績』

昭和21年の創業以来、300社を超えるお得意先様、100社余りの協力会社様とともにアルミニウム合金鋳造による、より良い製品作りに取り組んでまいりました。どんな困難なご依頼にも、「形あるものは、なんでも形にする」精神で日々取り組んでいます。

『確かな技術力』

鋳物の製造は、多くの場合、お客様の大切な型を預からせていただき、生産するという委託加工です。私どもは、自ら原料を調達し、蓄積されたノウハウを型製作に注ぎ込み、最適な鋳造方法を選択し、そして鋳造加工を行います。あらゆる加工のもっとも源流に位置する鋳造の責任と役割は、非常に重いものがあります。「技術力なくして、良品なし」は不変のモットーです。

『QC(品質管理)が生命線』

大物・小物・薄物・厚物・空圧物・水圧物・アルマイト・メッキなど、各種の製品に適した鋳造方法で、ピンホール・巣・ひけ・かじり・ひずみ・不まわり凸凹・ブローフォール・熱間割れ・湯境などの不良削減に努めています。また、ISO9001の認証取得を目指した取り組みをスタートし、あらゆる不良の撲滅のため、徹底したQC活動を推進しています。

『CS行動力』

品質・コスト・納期などのあらゆる面から、常にお客様のご満足を頂けるように、努力を重ねることは当然とし、さらにその上にある「提案できる企画・営業力」と「複合加工・ユニット受注の能力」を日々求め、磨いております。

 

3.グループ・協力工場のネットワーク

金属加工技術の集積した街である大阪で、永年にかけ共に歩んでまいりましたグループや協力工場を通じ、アルミ合金鋳物・ダイカストのあらゆる製品加工をご依頼いただけます。

金型加工、木型加工、モデル加工、旋盤加工 フライス加工、マシニング加工、プレス加工、 研磨加工(バフ・バレル)、表面処理各種(塗装・アルマイト・メッキ)、 熱処理(T5・T6)、パッケージングなど

※アルミ鋳物・ダイカスト以外の鋳造につきましても、お気軽にご相談ください。(銅・真鍮・砲金・ステンレス・鉄・亜鉛・鉛・錫など)

 

HOMEに戻る